ブルーな気持ち

もう少し大人らしい展開・見せ方がよかった

なんだか、戦隊モノの映画みたい…
平安時代の生活の描写がけっこう多いです。とくに前半は。
自分は歴史が好きなのでいいですが、あまり歴史に興味がない人だと、
帝の暮らしとか、言葉とか、早良親王の祟りの事とか、
そういう時代背景からくる設定にハマれないかもしれません。
それでも良い雰囲気は出てるなあと思っていたら、その後は安っぽいCGの連発でした。
そしてどんどんと話がぶっ飛んでいき、まるで戦隊モノの映画みたいに…

世界をこの手に入れようとする悪者(真田広之)を、
ヒーロー達(野村萬斎と伊藤英明)が倒す。
陰陽師同士の戦いという設定は良かったのに、
もう少しこの派手なCG、そして現代風の特撮映画みたいな戦い方、
これらをなんとかできなかったんでしょうか…

見て損だった映画かと思えば、そこまでは思わない映画だったので星は中間の3つ。
理由は序盤の雰囲気の良さと、主人公の二人がとてもカッコ良かったから。
野村萬斎も真田広之も、どちらも良かった。
ただカッコ良いと言っても単に外見であって、話の展開はけっこう無茶苦茶です…
もう少し大人らしい展開・見せ方がよかった。

男が惚れる男、野村萬斎の魅力全開!
これは公開当時、何気なしに映画館でみた作品です。
ところが、劇場を後にするときには、すっかり野村萬斎の魅力に取り付かれていました。

私は男ですが、彼に心底惚れました(笑)
それくらい、彼がカッコいい。
いや、カッコいい、という言葉ではない、日本人特有の立ち振る舞いの美しさがたまらない。
一時たりとも、画面に映っているときの姿勢、仕草、話し方が美しい。
何より、狂言師としての彼の資質があったからこそなりえた映画ですね。

物語は夢枕獏氏の原作からいくつかのエピソードをまとめていますが、
それをさておいても萬斎氏。
JAC出身の真田広之にも劣っていない。

それに比べて脇役陣のなんと演技のショボイことか。
伊藤英明なんて、学芸会レベルですよ。

とまぁ、不満もないわけではないですが、野村萬斎氏の魅力だけで、この映画は星4つです。


真田広之の独壇場
 真田広之の演技が圧巻であった。
主役の野村萬斎はかんぜんに位負け。
存在感で真田広之と互する実力のある役者を主役に迎えて
いたら、名作になっていたんだろうなこの作品。

 Lを演じた松山ケンイチとかね。

 それにしても、博雅。
清明とセットで京の守り役という設定になっている割りに、
影薄いなあ(^^;

陰陽師 [DVD]
[PR]



by kamematazu1r | 2011-07-05 20:28 | DVD
日記
by kamematazu1r
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ニュース
日記
DVD
読書
音楽
未分類

メモ帳

最新の記事

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧